Archive of C&A

どこまでもCHAGE&ASKA

CHAGE&ASKA ライブアルバム #1 『ライブ・イン・田園コロシアム』

Archive of C&A  第3弾

ライブアルバム『ライブ・イン・田園コロシアム』!!

『オリジナル盤』

発売日:1981年9月10日 チャート最高位:6位 累計売上枚数:8.2万枚

『完全収録盤』

発売日:2009年10月21日 チャート最高位:36位 累計売上枚数:0.4万枚

 

f:id:arcofca:20200409174209p:plain

 

 

チャゲアス初のライブアルバムです。

 

「きっと僕らはここから始まった」…これは25周年の時のお二人の言葉ですが、その言葉が示すのが、デビューから2年目に行われた「熱風ツアー」です。

 

1981年3月11日から始まった熱風ツアーは同年8月21日まで続く異例のロングツアーで全59本とのデータが残ってます。

そんな「熱風ツアー」の終盤1981年8月1日に行われた、チャゲアス初の野外コンサートが、この「ライブ・イン・田園コロシアム」に収録された「The 夏祭り`81」です。この公演を入れて、熱風ツアーは60本行われたと言われております。

 

*ちなみに田園コロシアムとは東京都大田区田園調布にかつて存在した多目的野外スタジアムです。

 

また驚くべきは1981年8月1日に行われた公演の模様が1ヶ月後に、LPとしてリリースされてることです。

 

LP盤はダイジェスト仕様なのか全曲収録されておらず曲順も入れ替わってます。

 

そして2009年に全チャゲアス作品が紙ジャケ仕様でリイシューされ、そのタイミングでいよいよ完全盤が発売されるのです。

レコード盤は元々手に入りにくく、多くのファンが手元に持ってなかったこのアルバムが完全盤としてリリースされるということで、紙ジャケシリーズの中でも「LIVE IN YOYOGI STADIUM」と並び、人気の高いアイテムとなりました。

私もこの時に手に入れた1人です。

 

『LP盤収録曲』

  1. THE夏祭り'81
  2. 夏は過ぎて
    (作詞:田北憲次 作曲:チャゲ
  3. あとまわし
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  4. 流恋情歌
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  5. 万里の河
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  6. 悲炎
    (作詞:チャゲ松井五郎 作曲:チャゲ

  7. (作詞・作曲:飛鳥涼
  8. 終章(エピローグ)
    (作詞:チャゲ・田北憲次 作曲:チャゲ
  9. ひとり咲き
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  10. 歌い続ける
    (作詞・作曲:飛鳥涼

 

『CD完全盤収録曲』

DISC1

  1. 小倉祇園太鼓〜THE夏祭り'81<Introduction>
  2. 夏は過ぎて
  3. 幻夜
    (作詞・作曲:チャゲ
  4. 熱風
    (作詞:松井五郎 作曲:飛鳥涼
  5. あとまわし
  6. 流恋情歌
  7. この恋おいらのからまわり
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  8. 夢から夢へ
    (作詞・作曲:飛鳥涼

  9. (作詞:松井五郎 作曲:チャゲ
  10. 万里の河
  11. 花暦
    (作詞:松井五郎 作曲:チャゲ
  12. あばんぎゃるど
    (作詞・作曲:飛鳥涼

 

DISC2

  1. 御意見無用
    (作詞:阿里そのみ 作曲:チャゲ
  2. 私の愛した人
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  3. 悲炎
  4. 放浪人 (TABIBITO)
    (作詞:松井五郎 作曲:チャゲ
  5. 荒野
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  6. 歌い続ける
  7. 終章(エピローグ)
  8. 真夏の国境
    (作詞・作曲:飛鳥涼
  9. ひとり咲き

 

なんと完全盤には12曲も追加されてます。

またMCも余すことなく収録されており、当時からチャゲさんのMCが冴え渡ってる様子が伺えます。普通に笑えます。笑

 

「歌い続ける」が本編ラストの曲、「終章」からアンコールとなります。

そしてコンサートのみで披露されてた「歌い続ける」が収録されてるのは今作のみです。

 

今お二人はそれぞれの道を歩まれてますが、是非この機会に

『二人がチャゲ&飛鳥になった日』

を確認してみるのも良いかと思います。