Archive of C&A

どこまでもCHAGE&ASKA

CHAGE&ASKA ライブアルバム #2 『LIVE IN YOYOGI STADIUM』

Archive of C&A 第7弾は『1983.9.30 CHAGE&ASUKA YOYOGI STADIUM』

発売日:1983.11.16     チャート最高位:17位 売上枚数:2.7万枚

f:id:arcofca:20200415233325p:plain

 

国立代々木競技場第一体育館が初めてコンサート会場として使用された歴史的ライブを収めたこのアルバム。

カットされた曲が何曲かあり曲順も変更されてます。

「ライブ・イン・田園コロシアム」もそうでしたが、当時のLP盤は収録時間制限の限界からそのような編集がされる事が多かったらしいです。

「ライブ・イン・田園コロシアム」はCD化の際に完全収録となりましたが、このアルバムはLP盤(2枚組)の計4面をそのままCDのDISC1.2に分けて収録されてます。

 

以下曲順です。

 

  1. 草原の静(Overture)
  2. 熱風
  3. 真夏の国境
  4. 安息の日々
  5. 終章(エピローグ)
  6. マリオネット
  7. Fifty-Fifty
  8. 華やかに傷ついて
  9. お・や・す・み
  10. 眠ったハートに火をつけて
  11. ボヘミアン
  12. 御意見無用'83
  13. あの娘にハ・レ・ル・ヤ
  14. 夢を見ましょう
  15. 魅惑
  16. ひとり咲き
  17. 声を聞かせて

 

コンサートツアー「21世紀への招待Part 1」の一環として行われたこのコンサートですが、アンコール最後の「声を聞かせて」はこのライブの為に作られた曲であり、他の公演では披露されてません。

また音源もこのアルバムのみの収録となります。

 

記録によりますと「21世紀」や「南十字星」なども披露されており、当時のベストヒット的なセットリストとなってますが、驚きは「万里の河」がセットリストから外れてる事。

この時点での最大ヒット曲を外してくるあたりが、チャゲアスらしいなと思います。

 

しかし今現在のファン目線で見ても、本当に聴きたい曲が並んでいます。

 

ちなみにこのセトリの中で未だレギュラー演奏されるのは「終章〜エピローグ〜」くらいです。

ちょこちょこ披露される楽曲もありますが、中々コンサートで聴けない曲が詰まったお宝アイテムだと思います。

 

若き日の二人の熱いステージが収録されたこのアルバム。

聴いたことのない方は必聴です!!